大切な人を大切にし、大切な人がいるからこそ頑張れる

大切な人のことを想う

僕は大切にしたいと思う人のことを大切にできているのだろうか?と考えたとき、心から大切にできていないのではないかと思いました。

仕事が忙しくて考えている暇がなかったり、イライラしていて嫌な態度になってしまったり、その時その時の感情で接してしまったり。

それが全て悪いというわけではないし、感情の起伏があって当然なんだろうと思うんだけど、どんなことがあっても心の奥底で大切にしようと思う心を失っていないかってことが大切なんじゃないかと思うんですよね。

そう考えたとき、過去の行動を振り返ってみて後悔することがあります。

そんな後悔があるからこそ、大切に思う心を失わないように努力しようと思うわけです。

気持ちがあればいいっていうわけではなく、気持ちを維持するための努力って絶対に必要だと思います。

ロボットじゃなく人間だから、常に自分の気持ちを監視していなきゃいけないと思うんです。全ては大切にしたい人を大切にするために。

それが、別に何とも思っていない相手なら、無理して気持ちを維持する努力なんてしなくてもいいと思います。

何があっても大切にしたい相手だからこそ、常に自分の気持ちと向き合うことを忘れない、最近このように考えるようになりました。

行動の源は大切な人のため

人を大切にするってどういうことなのか、この年になってようやく分かってきた気がします。

誰かを大切にしたいって思えることがどれだけ素晴らしいことなのか、そう思わせてくれた相手に感謝の気持ちでいっぱいですね。

それに、人間っていうのは自分自身のためにと思うと行動ができない生き物なんだなと感じます。

僕の場合特にそういう傾向が強いのかもしれませんが、例えば自分一人だけの食事なら全然凝ったものじゃなくても良いと思うし、もっと稼ぎたいと思ってもそこまで本気で行動できなかったりします。

でも、大切な人のためなら、美味しい食事をさせてあげたいと思うし欲しいものを買ってあげたい、不自由することのないようにお金を稼ごうと本気で行動することができるんですよね。

大切な人がいることで全力で行動ができるようになる。

全力で行動ができるからこそ、とっても充実した毎日を送れるようになる。

充実した毎日を送れれば自分に自信がついてくる。

大切な人にと思う行動が、どれだけ多くのことを生み出してくれるのだろうと思わずにはいられません。

多分人間という生き物は、誰かのために動こうと思うときに全力を出せるように設計されているんでしょうね。

他の野生動物と違って人間は昔から多くの人と共存することで生きることができた。

その本能が刻みこまれているのかもしれません。

人は皆、自分一人の力だけでは絶対に生きていけない。

寄り添って助け合いながら生きることは全然恥ずかしいことでも何でもなく、素晴らしい生き方だと思います。

大切な人のために行動し、大切な人に行動される。

それってとても素晴らしい関係だと思います。

モチベーションを維持するための工夫をする

モチベーションが落ちたときはリフレッシュ!

寒い寒い冬の季節、職場では、風邪を引いている人も多く見かけるので、体調管理には十分気を付けたいところです。

季節の移り変わりの時期は気分も移ろいやすく、なかなかモチベーションが上がらないという方も多いのではないでしょうか?

何を隠そう、僕がそういう傾向にあるのでその気持ちがよく分かるんですね。

今までモチベーションを維持して取り組んていたのに、急にモチベーションが下がってしまうと、自分でもどうしてしまったんだろうと感じることがよくありますし、そんな自分に焦りが出てしまうこともあります。

でも、そんな時こそ地に足を着けて一歩ずつ進んで行かなければいけないんですね。

モチベーションが落ちて何もせずにいると、嫌気がさしてどんどん深い沼にハマっていきますからね。

それならモチベーションが落ちてしまったとき、どんな対処をすれば良いのでしょうか?

これは人それぞれ違うと思いますが、大まかに分けると以下のような方法があると思います。

・休んでリフレッシュする
・気合いで乗り越える

僕は気合いで乗り越えちゃうのですが、おすすめは断然休んでリフレッシュすることです。

気合いで乗り越えるって結構しんどいですよ。かなりエネルギーを使いますし、効率の良い方法だとは思いません。

長くダラダラと過ごすくらいなら、1日2日くらいしっかりと休息をとって、リフレッシュしたほうがよほど効率的ですね。

自分にあったモチベーションアップ方法を、しっかり身につけていきたいですね。

やる気アップのためにエネルギーを感じる

それと僕がモチベーションを維持するために毎週行っていることがあるのですが、それはエネルギーを感じる場所に行くことです。

それは、空港だったり、高級ホテルのカフェだったり、旅に出かけることだったり。

そういうエネルギーを感じる場所に行って、自分自身のエネルギーを高めることってすごく重要だと思います。

エネルギーが低い状態でいるとやっぱり行動に影響がでてきますよね。

一日の中でこれだけのことをやらなきゃいけない、でも行動に移すだけのやる気が起きなくて後回しになったり結局やらなかったりしてしまいます。

そうすると、そんな自分に嫌気がさしてどんどんモチベーションが下がっていく。本当、負のスパイラルにハマってしまいます。

だからこそ、そうならないためにも日頃から自分自身のエネルギーレベルに敏感になっておくことって大事です。

エネルギーって、食事から取れるエネルギーではないですよ。

もちろんそれも大切なのは間違いありませんが、僕がいうエネルギーとは気持ちの面でのエネルギーです。

やる気っていうと分かりやすいかもしれませんが、やる気って常に一定を保つことは難しいですよね。

やる気がないときもたまにはあります。

でも、なるべく維持できるよう工夫をすることってとっても大事だと思います。

やる気を上げる方法は人それぞれだと思いますが、僕の場合はやる気が上がる場所に行く。

美味しいものを食べるとやる気がでる人もいれば、誰かとお喋りすることによってやる気がでる人もいるでしょう。

とにかく、やる気を維持することで人生に変化が生まれるのは間違いないと思うので、やる気を維持する工夫をすることってとても大事だと思います。

寂しさの原因は対面でのコミュニケーションの少なさ

会って話すというアナログの世界

良好な人間関係を築くのに一番大切な行動は、コミュニケーションを取ることですね。

まぁ、コミュニケーションと言っても様々な方法があって、会話をすることやアイコンタクトをとること、電話をすること、SNSで繋がることなどたくさんありますが、その中でも一番大切なのはやっぱり対面で会話をすることだと思います。

すごく当たり前のことですが、この当たり前のことができていないのかなと感じます。

最近ではインターネットやスマートフォンの普及のおかげでチャットやSNSを通して簡単にやり取りができるようになりました。

便利になった反面、やっぱりそこはデジタルの世界。

やり取りをしている相手は人間でも、見ているのはデジタルの文字や画像なので、そこに相手の本当の姿はありませんよね。

コミュニケーションというのは、文字よりも相手の表情だったり、言葉遣いだったり、些細な行動からより多くの気持ちを読み取ることが大事だと思うので、対面で会話をしないと分からない部分というのはたくさんあると思います。

まぁ理屈抜きに相手の顔を見ながら話した方がやっぱり楽しいし幸せを感じますよね。

デジタル全盛期だからこそ、本来あるべき姿に戻ることってとても大切なんじゃないかなと思います。

良いコミュニケーションが取れないままでいると、だんだんと精神的に参ってくることがあるし、人間関係もギクシャクしてきます。

確かにメールやチャット、SNSなんかはとても気軽にコミュニケーションが取れますが、気軽過ぎるがゆえに対面で会話をするという少し緊張感のある行動ができなくなってしまうこともあります。

だから日頃から意識して、会話というコミュニケーションを取っていきたいですね。

寂しいという気持ちが人を優しくする

僕は最近、一人でいることに寂しさを覚えるようになりました。

今までは、一人でいてもあまり寂しいとは思わなかった。

時々、誰かと会いたいなと思うときはあったものの、基本的には一人でいることが好きで特に寂しいと思うようなことは少なかったです。

でも、30歳を越えたあたりから、人恋しい気持ちがだんだんと強くなってきましたね。

僕は一人暮らしをしているので家に帰ったら一人なのですが、家に帰るのが少し辛いなと感じます。

家にいるときはパソコンをいじってみたり、音楽を聞いたり、筋トレをしたり、洋画を見て英語の勉強をしたりと様々なことをしますが、もしかしたらこれってすべて寂しさを紛らわすためにやっていたことなんじゃないかと思うようになりました。

僕としては少しでも向上したいという気持ちが強く、日々何かに夢中に取り組んできましたが、その裏には寂しさがあったのかもしれません。

自分に足りないものがあるから何かしなければならないという気持ちは向上するために必要な感情である反面、寂しさの裏返しなのかなと思います。

いつも何かに取り組んでいる人、いつもスケジュールがいっぱいじゃないと気が済まない人、向上心が強すぎる人などは、心の奥に寂しさがあるのかなと感じます。

やっぱり人との関わりってとても大切ですね。

何か壁にぶつかったとき、暗いトンネルから抜け出せないとき、人生の転機になるときはいつも人との関わりの中から生まれます。

これからも、何より関わってくれる人を大切にしていきたいですね。

人間本来のコミュニケーションをもっと大切にするべし

コミュニケーションの方法について考えてみる

大昔の人とのコミュニケーションの取り方って、実際に会って話すしかなかったんですよね。

それが技術の発達によって、固定電話で会話ができるようになり、

携帯電話の登場によって、外出時にも会話ができるようになり、

ポケベルという端末で、デジタル文字でのやり取りができるようになり、

電子メールで気軽にコミュニケーションが取れるようになり、

今ではLINEなどのチャットアプリで気軽にいつでも連絡が取れるようになりました。

他にも、FacebookTwitterInstagramのようなSNSが成長し、出会うことのなかったであろう人達との繋がりを持てるようにもなったし、国を超えて世界中の人たちと気軽に交流ができるようになりました。

本当にすごい時代だなと感心するし、これらの新しい技術はどんどん積極的に使って、視野を広げていくべきだと思います。

でも、これらの発達によって、人との精神性が失われつつあるとも思うんですよね。

今では、誰かと連絡を取ろうと思ったときによく使う手段としてスマートフォンがよく使われますが、その中でもよく使うのはLINEなどのチャットアプリやFacebookなどのSNSです。

正直、デジタル文字のやり取りで相手の心を感じることって難しい。

コミュニケーションというのは、相手の心をいかに理解するかということがとても大事だと思うので、コミュニケーションの間にデジタル機器を挟むというのは、本来あまり良いことじゃありませんよね。

便利になった世の中ですが、対面で話すという人としての基本をもっと大切にしていきたいですね。

知人女性との楽しいひと時

そんなこんなで、昨日は約2年ぶりに知人の女性とお食事を楽しんできました。

僕自身、女性と二人でご飯を食べに行くのが久しぶりだったので、ちょっと緊張してしまいました。

やっぱり異性と話すことってすごく大事だなって思います。

もちろん、同性と話すことはそれはそれで楽しいのですが、異性との会話ってとても刺激をもらえますよね。

栄にあるBONCAFEというカフェに行ったのですが、ここがまた雰囲気がすごくいいんですよね。

明る過ぎない店内がとっても落ち着くし、ソファーに座ってゆっくりと過ごすことができるんですね。

男同士だったり一人でご飯を食べに行くときって、お店の雰囲気なんかにこだわることはほとんどありません。

大抵、飲み屋に行くか、焼肉に行くか、定食屋に行くかですから。

でも、女性とご飯を食べに行くときはお店の雰囲気は何よりも大事かもしれません。

初めはとんかつが食べたかったのでとんかつ屋に行こうと思いましたが、女性のことも考えてカフェにして正解でした。

知人の女性と久しぶりの会話を楽しんでいる時、恋愛の話をしましたが、やっぱり男性の目線と女性の目線とでは考え方が違うんですよね。

良い恋愛をしたいと思ったら、やっぱり女性に考えを聞くべきだと思いました。

女性は男性のことを恋愛対象としてみるとき、どういう点に気を付けているのかということがとても大事です。

知人の女性が初めに言った言葉は経済力だったのでやっぱりなという感覚でしたが、女性は結構シビアに男性のことを見ているもんなんですね。

好きだという感情はもちろん大切ですが、それ以外に自分には何があるのかってすごく大事ですね。

まぁ、今回のお食事はいろいろ勉強になったので本当に良い時間を過ごせました。

健康と食事を見直してみる

食生活を見直してみる

ブランチという言葉を知っていますか?

ブランチとは、breakfast(朝食)とlunch(昼食)を掛け合わせた言葉で、朝の10時からお昼前に取る食事のことを言うそうです。

僕は1日2食推進派なので、いつも10時から11時くらいにかけて朝昼兼用の食事と、夕食を食べる生活をしているのですが、ブランチという言葉が既に存在していたんですね。

世の中では、1日3食が当たり前になっていて、1日3食しっかり食べないと栄養不足になり体に悪いという風潮がありますが、僕は全くそんなこともなく、むしろ超健康体を維持しています。

食事で大切なのは、1日に食べる量よりも食べる内容だと思うんですよね。

栄養のバランスが摂れた食生活、それになるべく自然な形に近いものを取り入れるようにしています。

なので、野菜とか刺身とか大好物ですね。体に良い物を取り入れると体が分かるみたいで、何というか食べた後も体に負荷がかかっていないんですよね。

まぁ、子供の頃はまだまだ成長途中なので、1日2食とは言わずしっかりと1日3食栄養のあるものをたくさん食べた方が良いかなとは思います。

成長が止まって維持することが大事な大人になったら、食生活を見直した方が良いと思います。

いつまでも子供の頃と同じような食生活を続けていると、それが体の負担になって健康を害することに繋がるんじゃないかなと思います。

体は食べるものからできるので、どのようなものを体に取り入れるかって本当に大切だと思います。

野菜食べ放題のお店へ

そんなことを思いながら、今日は野菜を食べに名古屋市栄にあるレストラン"宙"にやって来ました。

宙はナディアパーク8Fにあり、エレベーターで行くことができます。

お昼はワンコイン500円で食事をすることができるのですが、ありがたいことに野菜が食べ放題なんですね。

今どき500円で野菜食べ放題ってなこぬかないですよね。焼肉屋さんのサラダバーでもそれなりにかかってしまうわけだし。

野菜は毎日食べた方が良いとは思うけれど、なかなかそういうわけにもいかない。一人暮らしの男性なら尚更、わざわざ買ってまで野菜を食べようとは思わないんじゃないかと思います。

切ったりスライスしたり茹でたりしてサラダにするのって、結構手間暇がかかるりますからね。

だから、肉を焼いたり魚を焼いたり、外食で済ませたり、コンビニの弁当で済ませてしまうことも結構あったりします。

体に取り入れるもので自分の体を作っているわけですから、本当なら毎日栄養のあるものを食べて、野菜もしっかり摂りたいところです。

気軽に野菜を食べれるお店を見つけるのって、長い目で見たときにとても大事なことだなと思いました。

今はインターネットを使えば何でも調べれるので、ぜひとも把握しておきたいですね。

継続することの大切さと良い生活習慣

継続は力なり!

先日、YouTubeを見ていたときに胸に突き刺さる言葉と出会いました。

それは、「7割の自信が行動するための勇気となり、3割の不安が成長するための努力となる。」という言葉です。

いや、本当にその通りだなぁと思いました。まさに名言ですね。

でも、そもそも行動するためには自信が必要なわけですが、その自信っていうのはどうしたら身に付けることができるのでしょうか?

僕の答えは、ずばり"継続すること"です!

よし、これをやろう!と決めたら何が何でもやり通す。

そうすることによって自ずと自信って身に付いてくるんじゃないかと思うんです。

「今日は体調が優れないから止めておこう。」

「今日は時間がないから止めておこう。」

「今日は気分が乗らないから止めておこう。」

ってやらない理由を見つけ出して先延ばしすればするほど、自信はどんどん失われていきます。

やると決めたのにやらなかった自分自身に対して嫌悪感でいっぱいになっていきます。

スポーツ選手が毎日過酷なトレーニングをするのは、体力や技術の向上もあるかと思いますが、自信を身に付けるためだとも思います。

プロの選手といえども、いざ本番になったときやっぱり心の不安があるでしょう。

だけど、過去を振り返って、

「俺はこれだけのことをしてきたんだ!」

「もうこれ以上の準備はできないくらいやり遂げた!」

という気持ちが圧倒的な自信に繋がり、結果に繋がるんだと思います。

毎日必ずやり遂げるという目標を持ち、それを継続すること。

これは人生レベルで見たときに、すごーく大事なことなんじゃないかなぁと思います。

良い生活習慣

そして、時間の使い方についても思うことが色々あるわけです。

せっかく同じ時間を過ごすなら、有意義な時間にしたいと思いますよね。

毎日を有意義なものにするためには、充実感という感覚がとても大切だと思います。

充実感で満たされていると何もかもが上手く行きそうな気がしてきますし、この気がする感覚というのが思い描いている目標を達成させるために大切なんじゃないかって思うわけです。

でも、どうしたら充実感で満たされるのでしょうか?

そのために大切なこととして良い生活習慣を続けるっていうことが挙げられると思います。

良い生活習慣とは・・・?

人によって違うかもしれませんが、例えば

・早起きをする。
・朝軽く運動をする。
・水を飲むようにする。
・栄養のバランスを考える。
・入浴後にストレッチをする。

などじゃないでしょうか。あっ、ちなみにこれらは僕か実践していることなのですが・・・

良い生活習慣を続けることによって自信がみなぎってきますし、毎日が充実してきます。

逆に、夜更かしをしたり、栄養のバランスが悪かったり、悪い生活習慣が続くと体の調子も悪くなり、充実した毎日を過ごせなくなるんじゃないでしょうか?

まぁ当たり前のことなんですが、誰だって有意義な人生の方がいいはずです。

有意義な人生にするために、日々の生活習慣を見直すことは誰にでもできるし、改善し続けた者が最後には笑うんだろうなぁと思います。

いざ、セントレア(中部国際空港)へ気晴らしに!

セントレアへ気晴らしに

今日はセントレアへ行きました。

セントレアとは中部国際空港のことで、中部地方の空の玄関とも言われている場所です。

そんなセントレアへはよく行くのですが、飛行機に乗るためではありません。

セントレアには、様々なショップやお食事処があるので、気晴らしに行くのに最高にいいんですよね。

僕は、実は週に1回はセントレアへ行くので、かなり詳しくなってしまいました。

僕のおすすめの店の1つに"和の間"というお店があるのですが、ここの店の雰囲気や食べ物がとても好きですね。

"和の間"は4Fにあるお食事処ですが、奥へ入ると意外と広くゆったりとした席に座ることができます。

4Fから空港内を見渡すことができるのですが、その開放感の中で食べるお食事はとても楽しいです。

デザートも豊富で、お茶と一緒に楽しむことができます。

デザートには、バニラあんみつ、抹茶あんみつ、クリームぜんさい等があるのですが、僕のおすすめはほうじ茶クリームあんみつです。

そもそも、ほうじ茶のソフトクリームなんて聞いたことがないし。

そんなほうじ茶ソフトクリームがあんみつの上に乗っているんですから、もう見ただけで興味津々でした。

実際に食べてみたら、さっぱりとしたくせのない味でとても食べやすかったですね。

子供からお年寄りまで様々な年齢層に受けるデザートだと思います。

もしセントレアに行くことがあれば、"和の間"のほうじ茶クリームあんみつを食べてみてくださいね。

スカイデッキで飛行機を間近に見る

そして、セントレアへ行ったときに必ず立ち寄る場所があるんですが、それがスカイデッキです。

スカイデッキは飛行機の離陸や着陸の瞬間を見ることができます。

普段、空を見上げれば飛行機は飛んでいますが、そんな飛行機を間近で見ることができるのが空港なんですよね。

今のこの時期は屋外でも暑くもなく寒くもなくで、飛行機を見るのにちょうどいい時期だと思います。

僕のおすすめの時間帯としては、18時過ぎのちょうど薄暗くなったときですね。周り全体がライトアップされて幻想的になり、飛行機も明かりがつくのでキラキラしてとても輝いて見えます。

本当、見ていると様々な飛行機があります。日本ではおなじみのANAJALLCCのSKYMARKやJETSTAR、AIRDO、海外の超大型機も見ることができます。

飛行機好きな人だけでなく、何かに行き詰まっている人や気分転換したい人は、ここに来ると気持ちが晴れるんじゃないかなと思います。

水平線が見える海に見渡す限りの青い空、空の彼方に飛び立って行く飛行機に自由をエンジョイしている人々・・・

今抱えている悩みなんか本当にちっぽけなものなんだなぁと感じることができるし、自由な気持ちにもなれます。

スカイデッキで気分転換したあとは、カフェで一服するのもありですね。

僕のおすすめの場所は、カフェ・ド・クリエですね。ここでは、4階から空港内を見渡すことができるのでとても開放感があります。

気分転換するのに開放感っていうのはとっても重要なんですね。